理想の目元を得るなら二重整形【自分に最適な手術方法をよく検討】

二重になるための方法

看護師

治療の方法について

整形手術へのハードルは年々下がってきており、また料金もリーズナブルになってきていることから、二重の整形手術を受ける人が増えてきています。さらに、昔に比べてより自然な仕上がりも実現出来るようになってきました。二重整形の手術には様々な方法があり、なりたい二重の種類や、予算、もともとの目の形などによって適切な方法が異なります。二重整形を受ける場合には、まずはクリニックへ行ってカウンセリングを受け、自分に合う方法を見つけましょう。さて、整形方法の一つで、最も人気の方法が埋没法と呼ばれる方法です。埋没法は、皮膚を皮膚に埋没させるように特殊な糸で縫い、二重のラインを作るという方法です。料金も安く、術後のダウンタイムも少ないというメリットがあります。それに続いてよく行われるのが、切開法です。切開法は、メスを使って直接まぶたに切れ込みを入れる方法です。埋没法よりも料金は高くなりますが、よりくっきりしっかりとした二重のラインが出来ます。直接メスを入れるため、埋没法よりもダウンタイムは長くなるのが特徴です。どちらの方法においても、大切なのは術後のケアです。術後は、出来るだけ安静にして、患部には触らないようにしましょう。決められた期間、メイクやコンタクトもNGです。むやみに触ったりしてしまうと、ばい菌が入り感染症を起こしてしまう可能性があります。また、痛みやかゆみがある場合には、氷のうなどを使って冷やすようにしましょう。いずれにしろ、むやみに患部を触らないということが大切です。二重整形を受けるにあたって気を付けることは、術後のイメージをしっかりと持つことです。特に切開法では、一度手術を行ってしまうとやり直しが効かないため、幅やラインの長さなどは医師と相談して細かく決めておくようにしましょう。埋没法は糸を使った方法ですので、万が一気に入らない場合は糸をはずして手術をやり直すことも出来ますが、まぶたへの負担は大きいため、なるべく細かくイメージを持っておくようにしましょう。また、料金については、埋没法は約10万円程度、切開法は20万円程度が相場です。ただし健康保険が効かない手術のため、クリニックによって料金には大きな差があります。出来るだけ安く済ませたい、という人は、クリニックのホームページを見て、安いところを探すと良いでしょう。また、クリニックによっては術後にトラブルが起きた場合、対処が有料の場合と、保障期間内であれば無料の場合があります。万が一の場合も考え、そのような保障についてもしっかりと調べておくと良いでしょう。また、埋没法や切開法の他にも、目頭切開、部分切開法などの方法もあります。片目だけ手術したい場合や、離れ目を解消したい場合などにすすめられることもありますので、参考にしておきましょう。二重整形は、ハードルが高いものではありません。目に関するコンプレックスを抱えている場合は早めにクリニックへ行き、手術の相談をしてみると良いでしょう。コンプレックスを解消することで、自分に自信がつき、人生をより楽しめるようになるかもしれません。

Copyright© 2018 理想の目元を得るなら二重整形【自分に最適な手術方法をよく検討】 All Rights Reserved.